Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

あ~フィールドに行きたい!!

kuroiwatokagemodoki2_20110828220600.jpg
クロイワトカゲモドキ Goniurosaurus kuroiwae kuroiwae

この写真は今年の3月に沖縄で撮ったもの。

北部の個体に比べて南部の個体は写真のように金粉部が多く,マダラトカゲモドキに近いものが多いらしい。
それにしても,何度見ても美しいなぁ~こいつらは・・・

ブログの更新が一ヶ月に一回で何なんだ。。。は~。。。

今年の夏は毎日12時間以上教職の実験の準備のためにフィールドにはあまり出れなかったです。
この教職の実験は自分たちで一から実験を考えて生徒役にやってもらうというもので,私の班は「ニワトリの翼から進化を考える」というタイトルで実験をやりました。内容としてはニワトリの翼を実際に解剖して骨の状態を観察してもらって,その後様々な動物の前肢や翼の骨と比較してもらうというものでした。

結果からいうと,「ネタは良くても実験の本質をしっかり理解してない!!」と先生やOBにいわれ大きく反省する形になってしまいました。

でも準備の段階で数少ないフィールドに出る機会の中で,いろんな実験の比較材料に使えそうな死体を手に入れられ楽しかったと言えばかなり楽しかったです。

実験当日までに集まった比較資料は以下の通り
・ハクビシン(7月17日相模原市)
・ニホンリス(7月17日南アルプス)
・ホンドタヌキ(8月6日佐渡島)
・イエネコ(8月6日佐渡島)
・サドモグラ(8月6日佐渡島)
・スズメ(7月14日大学 ネコがくわえてた)
・ハシブトガラス(8月17日大学)

他にももらったものやエサ用マウスからとったものを合わせると全部で10種類に!!
自分の誕生日の17日には自然からの誕生日プレゼントして2種も手に入ったし,合宿の下見で行った佐渡島でも1日で3種しかも1種は佐渡にしかいないサドモグラ!!というかなりの幸運には恵まれていました。
まぁ教職のメンバーにはフィールドに出るたびに死体を持ってくるので,死神なんて呼ばれましたけど・・・。

とまぁ,いろんな腕を解剖しているうちに,体には腐敗臭が染み付いてしまうことになってしまいましたが,短期間に大量の骨格標本を作るという,いい経験にはなりました。


でもやっぱりもっとフィールドに出たい。。。
結局,行きたかった対馬にも行けなくなってしまったし。。。
沖縄の自然もまた味わいに行きたいし。。。。

そんなこんなの思いは募るのだけども,すぐに次の実験や実習が始まってしまいどうやら,夏休みはあっという間に終わってしまいそうだ。

あ~対馬行きたい!!沖縄行きたい!!

そんな悶々とした気持ちが何となく詰まったものが,今年の大学の学祭の階段絵に詰まっている予定です。
大学の階段絵を手掛けて今年で3年目。来年はおそらく無理だから,こちらも今年が最後かな。
1つの集大成として頑張りたいと思います。

まだ一切描けてはないんですけどこちらも,もし見る機会がありましたら,見てみてください!!
スポンサーサイト
category
未分類

麗しき蛇体

takachiho.jpg
タカチホヘビ Achalinus spinalis

今月の17日に21歳になりました。

ブログは全然更新できてないですが、書くネタがないわけではないんです。
上手く時間を見つけては更新したいなぁ・・・・
category
未分類

あばぁぶぉおオぉんnnnnn・・・・ それでも自分は教職を捨てたくない・・・・・

yaeyamaao.jpg
ヤエヤマアオガエル Rhacophorus owstoni

教職の授業は残酷だ。


教職の実験の日程が変わってしまったから、
合宿の日程をうまくズレるようにしたのに、
今度はそこに介護体験の予定が入ってしまった。

今年は最後の自由な夏休みだったのに・・・・、

悔いの残らないような夏休みにするはずだったのに・・・・、

完全にサークルの合宿には行けなくなってしまった・・・・。

フィリピンにも行けなくなってしまった・・・・。

今年の夏こそ対馬に行ってみたかったのに、



夏休みが始まる前に

夏休みが・・・・・、

終わってしまった・・・・・。
category
未分類

一つ一つを大切に。。。

moriaogaeru.jpg
モリアオガエル Rhacophorus arboreus

本州のカエルでは一番好きです。
4~7月の繁殖期の時だけ逢えて、その他の時期は森林内に分散してしまいます。
このピタっと張り付く大きな吸盤がとっても魅力的です。
背中の模様は斑紋のあるものから無いものまで様々です。
背中はシュレに比べると少し毛羽立った感じがします。虹彩についてもモリアオは赤褐色をしていて、シュレは金色です。水かきはシュレよりも発達しています。

最近、大学の教職の授業に振り回されてる感があります。
自分が選んだ道だからしょうがないというのはあるけれど、
今年の夏はほとんどどこにも行けないかもしれないです。

本来この夏に対馬にもフィリピンにも行ってみたかったんですが、かなり厳しそうな感じです。
最近ホントに時間の大切さを感じさせられます。
1回1回のフィールドもこれまで以上に大切にしていきたいなと思う毎日です。。。。
category
未分類

いつもの場所で・・・

nihonakagaeru.jpg
ニホンアカガエル Rana japonica

いつも通っている場所で、いつもとは違った出会いをするととても嬉しい。
この個体もいつも行っている谷戸で見たもの。
この日はたまたま新入生も来ていて、何とかリョーハの魅力を感じてもらいたいと思っていると、
アオダイショウが2個体出たり、色がやたらと白いアマガエル(アルビノでは無いですが・・・)が出たりと、いい感じだった上に、この初見である!!
他の場所に行けば見れるものも、いつも行っているところでは見れない。
そう思ってたものが、突然目の前に現れる。
いままで見慣れてた景色が変わった気がした。。。。

自然の中で生き物との出逢いに絶対はない。
いくら条件が良くても逢えないときは逢えない。
けれど、自然の中だからこそ出逢える偶然もある。
その偶然の喜びは決して檻の中の動物からは得られないものである。

逢える保証はないけど、逢えない保証もない。

だからこそ野生の生き物を探すのは止められない・・・
category
未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。